四つ珠義歯

適切な排列を決める 四つ珠転覆試験に用いる義歯【四つ珠義歯】

しっかり噛める義歯をつくる際に重要な条件のひとつが、転覆しないこと。そして、この転覆しない義歯をつくるための試験が四つ珠転覆試験であり、この試験で用いるのが四つ珠義歯です。これはその名の通り四つの珠が埋め込まれた義歯で、これを噛んだ際の転覆度合いで排列の角度を決めます。

フェリーチェの四つ珠義歯

四つ球義歯の活用例

フェリーチェの四つ珠義歯

【印象】

上顎はアルジネ―ト印象
下顎は石膏流し込み印象

【模型】

石膏は普通石膏を使用

【咬合採得・咬合器付着】

通常に従い蝋堤を作り咬合採得
そして咬合器付着

【完成】

重合研磨終了

【調整】

上下それぞれの内面チェック
及び咬合チェック

【ゴム噛み転覆試験確認】

ゴム噛み試験器で噛んでも
動かない

噛んでも転覆しない排列で痛くなく良く噛める義歯作り

【4ッ球咬合採得】

下顎に4ッ球を植え咬合
チェックずれている場合
には再付着する

【4ッ球指押し試験】

下顎のそれぞれの球を押し排列の
参考にする

【4ッ球ゴム噛み試験】

球の位置でゴム噛み試験器を
使用して転覆試験をし排列の
参考にする

【排列】

指押し試験及びゴム噛み転覆を参考に排列

【排列時のゴム噛み転覆試験】

下顎のそれぞれの球を押し排列の
参考にする

【完成】

指押し試験及びゴム噛み転覆を
参考に排列

ページ先頭へ戻る

メールでのお問い合わせはこちら